緊急サマーセミナー「問われる公共施設の管理、その課題と方向~包括施設管理委託などのすすめ~」開催のお知らせ

6月18日、大阪府北部地震で、ブロック塀の倒壊による痛ましい死亡事件が発生しました。これは、教育委員会が、点検したにもかかわらず、その内容が杜撰で建築基準法違反に気付かなかった、ことが明らかになっており、さらに、業務上過失致死で刑事訴追される可能性も報道されています。

この背景には、建築士など専門知識を持たない職員が、点検、判断していたことが挙げられます。各自治体には、公共施設を多数抱え、多くの住民が利用しています。施設、設備の老朽化が進行する中、適正な維持管理が何よりも求められます。また、事故のあったブロック塀が、学校プールの「目隠し」を目的にしていたことも分かり、学校プールのあり方も議論されるべき課題となっています。

しかし、限られた職員で、どう対応すればよいのでしょうか。そのための有力な手法として、「包括施設(保守点検)管理委託」があります。

そこで、本セミナーでは、公共施設の適正な維持管理のための、課題と包括施設管理委託などについて、わかりやすく解説します。

◆日時  

平成30年7月31日(火) 14時00分~17時00分(受付開始13時30分)

なお、17:45から、情報交換・懇親会を講師参加で開催いたします。

◆会場

株式会社図書館流通センター北海道支社ビル3Fホール

(札幌市豊平区豊平2条5丁目1-29)

アクセスについては以下のURLをご参照下さい。

https://www.trc.co.jp/company/location.html#sapporo

◆参加費

お一人様7,000円(税込)ただし自治体担当者様は3,000円(税込)

◆申込

様式に必要事項を記入してFAXまたはe-mailでお送り下さい。【■申込様式】

申込の締切は7月27日(金)です。

ただし、定員(30名)になり次第締め切らせていただきます。

(e-mailの場合は記入した様式を添付いただくか、必要事項を本文にご記載いただき、件名を「サマーセミナー申込」としてお送りいただいてもかまいません。)

◆主催

パブリックマネジメント株式会社 

協力 株式会社図書館流通センター北海道支社

◆プログラム 

講師 南学(東洋大学大学院客員教授)、吉田博(パブリックマネジメント㈱札幌事務所長)

プロフィールは後述

・公共施設を巡る課題   14:10~15:00

・包括施設管理委託    15:00~16:10

・質疑          16:20~16:45

・まとめ         16:45~17:00 

◆問合せ

パブリックマネジメント株式会社(㈱図書館流通センター100%出資会社で、公共施設のマネジメントなどを行っています)HP https://www.public-mgt.co.jp/

札幌事務所 吉田 090-7655-7203

★本セミナーの他にも、公共施設マネジメントのお手伝いをしておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

【講師プロフィール】

・南 学(みなみ まなぶ) 東洋大学大学院客員教授

1953年生まれ。横浜市出身。東京大学教育学部卒、カリフォルニア大学ロスアンゼルス校教育学大学院(教育学修士)修了。1977年横浜市役所入所、市立大学事務局、市長室、企画局を歴任。2000年静岡文化芸術大学助教授、神田外語大学教授、横浜市立大学教授、神奈川大学特任教授を経て、現職。自治体の経営・マネジメントを研究。また、行政刷新会議の事業仕分けにも民間評価者(仕分け人)として参加。著書に『自治体アウトソーシングの事業者評価』(学陽書房、2008年)、『行政経営革命』(ぎょうせい、2003年、共著)、『横浜市改革エンジンフル稼働』(東洋経済新報社、2004年、共著)など多数。

・吉田 博 (よしだ ひろし) パブリックマネジメント㈱札幌事務所長

1956年生まれ。北大法学部卒。1979年札幌市役所入庁。財政課、都市経営課、子育て支援課、農政課、オンブズマン事務局などを歴任。この間、北海道銀行研修、札幌大学非常勤講師等を務める。2017年4月より現職。著書に『自治体 予算要求の実務=実践から新たな仕組みづくりまで』(学陽書房、2016年、共著)、『自治体事業 考え方・つくり方』(学陽書房、 2013年)『自治体の予算要求 考え方・つくり方』(学陽書房, 2009年、共同編著)、『拓銀破綻後の北海道経済=地域再生と金融の役割』(日本経済評論社、2008年、共同執筆)など。

■ご覧頂きたい情報
■これまでの情報等
■タグでの検索