「iPark PROJECT」の提案

November 30, 2017

図書館を再発明するというコンセプトで、多様な人々が集まる空間を創造し、自由でオープンな地域社会づくりを支援するものとして、私たちは、図書館を再発明するプロジェクト「iPark PROJECT」をご提案しています。

それは、図書館の既成概念からの脱却ともいえるものです。
日本各地において知的生産活動の機関は、高校や大学などがありますが、住民が気軽に行ける場所と言えば図書館です。
しかし、これまでの図書館は専門家が一定の見識に基づいて本を選び規則的に分類して配架され、来館者は静かに調べ物や勉強などをして、図書館はとても静かな場所として成り立っています。
もちろん、その要素は大切なものですが、私たちは「図書館=静かな場所」のみであることを変革したいのです。

図書館には人類がこれまで創造した知識や情報が収集されていますので、もっと多くの人々が気軽に人類の英知にアクセスして、共創すべきなのです。
「 静かな場所」に加えて、想像豊かに、創造性を発揮して、多様な人材が互いに認めあいながら、 ワイワイガヤガヤと意見を交わす空間も創り出せば、これまで考えもしなかった ようなアイデアや閃き、イノベーションが起きると信じています。
そのイメージをまとめたパンフレットを「事例・資料」のページに掲載しましたので、是非ご覧下さい。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

■ご覧頂きたい情報

全国PPPセミナーで講演を行いました。

February 5, 2020

1/8
Please reload

■これまでの情報等
Please reload

■タグでの検索
Please reload