コラム第21~23回を一挙に掲載しました。

現在の「先の読めない」時代背景の下では、50年、60年という「安定性」は、誰も保証することができず、変化への対応を検討せざるを得ないという状況です。そこでは「安定」よりも「変化への対応」が重視される時代であり、「不確実性を前提にした柔軟性」を組み入れる方策を考えることが必要となります。 このような時代認識とその対応を前提とすれば、公共施設マネジメントをすすめる上では、公共施設の半数を構成している学校施設のあり方と財政運営をメインに検討しない限り、明確な展望を描くことができません。 とはいえ、学校施設には、他の公共施設にはない様々な特性があり、児童・生徒のいない時間帯が多いなどの可能性はあるものの、ほとんど進んでいない状況です。 今回は、その学校施設の活用について、3回に分けて記述したものを一挙に公開します。是非ご覧下さい。

「実践公共施設マネジメントー進化する手法」コラム→■

■ご覧頂きたい情報
■これまでの情報等
■タグでの検索